« 早朝のグリーン車に乗ること | トップページ | BMW645カブリオレ »

2009年1月28日 (水)

甘味処の神秘

「甘味処」にはほとんど入る機会がない。

入る入らない、という選択枝すらない。

けれど入ってみると奥が深い処に思える。

Photo

餡蜜と蜜豆が同じかどうか、よくわかってない。

しかし頼んだ器(うつわ)の中には宇宙があった。

色彩の美しさ、味わえる味覚・感触は奥深い。

器の中に「日本」があると思った。

味覚を愛で、そして日本茶をいただく。

日本茶をゆっくり楽しめるのは、「甘味処」では一般的なサービスなのか?

喫茶「ルノアール」ではお茶をサービスしてくれる。

が、何度もサービスしてくれるかどうか・・・。

そういう意味において、未知の領域に「甘味処」はある。

だから「甘味処」は神秘的だ。

|

« 早朝のグリーン車に乗ること | トップページ | BMW645カブリオレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 早朝のグリーン車に乗ること | トップページ | BMW645カブリオレ »