« 明方の空 昼間の夏 | トップページ | iPhone そのインパクト そして対話の時間 »

2009年5月21日 (木)

五月二十日 iPhone記念日

とうとう、iPhoneを手に入れた。

もう躊躇するのは時間の無駄だと思った。

昨日の東京は、夏のような陽射しが降り注いでいた。

iPhone日和(ひより)だ。

そう思った。

躊躇をふりはらったのは、夏の陽射しだ。

どうせ買うなら、iPhoneのメッカで購入しよう。

表参道のお店に向う。

Image215

1FでiPhoneを購入したい旨話すと、B1へ案内された。

iPhoneのフロアだ。

研修中の者でも宜しいですか?と、そこで聞かれた。

いいですよ、そう答えると、初々しい女性店員さんが目の前で微笑んだ。

真剣な面持ち。

ストラップがないこと、カバーやプロテクト・シートのお勧めなどを、トレーナーの男性から情報収集した。

研修中の女性店員さんは5日目だった。

もうすぐ一人前だね、と云ったら、うれしそうな顔をした。

そして、自分のもとにきたiPhone。

Image216

さわっていると、いろいろな反応をする。

そういう処から、つきあいがはじまる。

五月二十日はボクのiPhone記念日。

夏のような日だったことを、忘れないでいたいと思った。

|

« 明方の空 昼間の夏 | トップページ | iPhone そのインパクト そして対話の時間 »

コメント

わぉ!
とうとう、iPhoneにしたんですね。

投稿: tom | 2009年5月21日 (木) 11時35分

iPhone記念日、おめでとうございます♪
良かったですね^^
気に入ったもの、欲しいものを
手に入れる喜びは格別ですね。
新しい世界を楽しんでください。

投稿: mami | 2009年5月21日 (木) 15時20分

>tomさん

そうなんです。
やっちゃいました。

手にして本当に満足してます。
・・・というか、深いですね。

このユーザビリティは機能性というよりも遊戯性に優れているという気がします。
1:1対応とは違う、少し「ゆらぎ」を持たせている、わざとずらした遊び心を感じます。

いや、深いです。

投稿: チャーリー | 2009年5月22日 (金) 07時33分

>mamiさん

iPhoneは、少年時代の砂場で遊んだ感覚を思い出させてくれました。

時代に革命をもたらすようなプロダクトにふれられる喜びがあります。

おそらく、チャーリーは自覚していない「オタク」なのだと思います。

ちょっと自覚いたしました・・・。

投稿: チャーリー | 2009年5月22日 (金) 07時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明方の空 昼間の夏 | トップページ | iPhone そのインパクト そして対話の時間 »