« 剱岳 点の記 | トップページ | iMacの約束 次男坊との約束 »

2009年6月18日 (木)

仙台のお客さま

仙台のクライアントの仕事の継続が、本日決まった。

ひとつの仕事が終わる。

そのご褒美は何か?

それは、新たな仕事。

一年以上仙台に関わり、すっかり仙台が好きになってしまった。

その仙台で、さらに継続して仕事ができることが、うれしい。

もっともっと勉強しなくては。

そしてクライアントの社業に役立つ仕事をしよう。

次男坊に「勉強する意味」を先日説明した。

世の中の人はすべてがすべて、専門性を持ちえることはできないので、お金を払って専門性のある人の智慧を得る。

それが仕事の基本的構造だ。

専門性を磨くために、勉強する。

勉強し続ける。

技(わざ)が磨かれるには、弛まぬ努力がいる。

そのひとつが、勉強なんだよ・・・とそう教えた。

説明しながら、ほう(自分は)「勉強する」ということを、そのように捉えているのか、と悟った。

その勉強は、専門の技術であったり、知性であったり、身体力であったりする。

いずれにせよ、人にはその人の“岸辺”に住み、生活を営む。

ボクは、ボクの“岸辺”で勉強し、そして勝負するさ。

|

« 剱岳 点の記 | トップページ | iMacの約束 次男坊との約束 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 剱岳 点の記 | トップページ | iMacの約束 次男坊との約束 »