« 世界のキッチンから | トップページ | プレゼンの前日6時台に帰路につく事 »

2009年7月28日 (火)

プレッシャー それをかけている人は?

木曜日に二本のプレゼンがある。

そのためプレッシャーがかかっている。

そう感じてる。

プレッシャーをかけている人は誰か?

それは自分だ。

企画を書くのは自分。

その日に決めざるを得なかったのも自分。

土日に仕事をするのは止めよう、と決めたのも自分。

徹夜をするのは止めよう、と決めたのも自分。

そうやって圧力釜のように制約を設けた自分。

限られた時間で、最良のプランを仕上げればいい・・・そう考えて少し楽になる。

できるだろうか?と思うより、「できる」「最良の形でね」ーそう自分に語りかける。

今までは満足のいくプランを練るために時間を投入してきた。

おそらくプライベートの時間まで惜しみなく。

けれど、今のボクはそれとは違う形で、仕事に取組もうとしている。

完璧という満足感よりも、最良で。

ストライク・ゾーンに球を放って、仕事を仕留めることが狙いであって、自分の企画書を満足いく形に仕上げる事は、別の情熱だ。

そう分けて考えてる。

おそらく、それは自分の生き方を新しいステージにもっていく上で、大切な考えだろう。

|

« 世界のキッチンから | トップページ | プレゼンの前日6時台に帰路につく事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界のキッチンから | トップページ | プレゼンの前日6時台に帰路につく事 »