« たいやき 浪花家総本店 | トップページ | アメ横 大統領 »

2009年9月29日 (火)

久しぶりのハシゴ 最後に桂花ラーメンへ

久しぶりに友人と新宿で飲んだ。

前から興味のあった「思い出横丁」を探訪。

この路地裏の雰囲気が前から好きだった。けれどお店は常連さんがほとんどを占めてる感じがして、入りづらい。

二人ならば・・・と援軍を得ての参戦だったが、自分の選球眼が悪く、外してしまった。

余り近い距離でお店の濃密な関係には入り込みたくないと考え、広めのお店に。

けれど、そこは出るまで“広め”だった。

お客さんは見抜いている。

思い出横丁には、思い出を共有する飲み仲間が集まるのだろう。

ちょっとビールを飲んで、河岸を変えようと提案。

そこで、「回転寿司」に行こうということになった。

一軒、暇そうなお店に入りかけたけれど、やめる。

「回転」は、客の回転が良くなくては、ネタもシャリも乾いてしまう。

もう一軒、時々いくお店に入った。

そこはいつも満員だ。

外人のお客も多い。

右隣には、若い女性がひとり。

時々、こちらに視線を向ける。話に興味でもあるのだろうか。

そこで少しビールを飲んで、2~3皿つまんだ。

寿司をくいながら、桂花ラーメンの話題になった。

お互い、好きなお店とわかり、このまま帰る訳にはいかない気分になってきた。

友人はお寿司でお腹が一杯みたいだ。

けれど、足は桂花に向かう。

昔から変らぬ桂花にあって、ひとつ違うことがあった。

火曜はワンコインで。

700円の桂花ラーメンが、火曜だけは500円に!

いいんですか?

恐る恐る聞く。

後から入ってきたお客も同じ反応をみせた。

値段は安くても、味はそのままの桂花ラーメン。

しっかりいただいた。

500円と知ってて来たのではないから、なにやらご褒美の気がした。

久しぶりのハシゴ。

禁じられている最後のラーメン。

しかし、たまにはそういう無礼講もいい。

夜風が気持ちよかった。

友人と握手して別れた。

楽しいひとときが、夢の中のように感じられた晩だった。

|

« たいやき 浪花家総本店 | トップページ | アメ横 大統領 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« たいやき 浪花家総本店 | トップページ | アメ横 大統領 »