« マスクをすること | トップページ | 台風18号の通過と台風一過 »

2009年10月 8日 (木)

台風18号上陸の朝に

台風18号が愛知県・知多半島付近に上陸した午前5時頃、ボクは始発電車に乗ってTokyoに向かった。

これから本州を縦断する。

いつ電車が運転を見合わせるかわからない。今までの苦い経験から動いている内に、移動しようと考えた。

朝4時くらいからニュースをみてた。

一番知りたい情報は電車の運行状況である。しかしそういう情報はテロップで曖昧な形で伝えられる。

ニュースの優先順位では低いらしい。

ネット検索し、ほぼ七割動いているとの情報で、雨の中を出て行った。

こういうときはNAVITIME(ナビタイム)のようなサービスがほしいものだ。

ほぼ電車の遅れも回避でき、早朝のオフィスに入った。

何人か先客もいて心強い。

早朝からデスクワークを始めた。

今日は台風が通過するまで、デスクワークをすることにしよう。

台風18号の進路にあたる人々に甚大な被害のでないことを祈るばかりである。

|

« マスクをすること | トップページ | 台風18号の通過と台風一過 »

コメント

やはりテレビはだめでしたね。
情報がまったく現状についていってませんでした。
小生は、「丸の内線全線不通」というテロップが流れている最中、普通に丸の内線に乗り、普通に都心に着いていました。
ただ、騒ぎを煽っているだけのメディア、という感をより強く感じました。
これでいいはずがありませんよね。

投稿: arriba | 2009年10月 9日 (金) 00時32分

>arribaさん

TVでの台風のニュースの定番といえは、嵐の中をカッパを着たレポーターが飛ばされそうになりながら実況するシーンがありますね。

昔のNHKのドキュメンタリーでは農村の青年たちが車座になって問題を論じ合う、というのも定番であった気がします。

ニュースの半分は情報としては、すごい風雨で台風がやってきますよ~と云っているシーンで、残りで様々な情報をとりあげるという感じがします。

お茶の間のTVと現実の間には、隔たりが生じるのかもしれませんね。

投稿: チャーリー | 2009年10月 9日 (金) 05時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マスクをすること | トップページ | 台風18号の通過と台風一過 »