« 東京 朝の光 冬の予感 | トップページ | GAPが原宿駅の真ん前に »

2009年11月 5日 (木)

豊洲にある跳ね橋 幸せのイメージ

仕事で豊洲を訪れた。

ららぽーと豊洲のデッキに出ると、雲間から秋の光が射していた。

光が美しかった。

跳ね橋がみえた。

Img_1990

憩う人々が逆光の中にあった。

幸福な日常風景。

その跳ね橋は、幸福へのゲートにみえた。

もっと近づく。

Img_1991

つかの間の中に永遠がある。

そう詠んだのはランボーだったか。

あるいはウィリアム・ブレイクか。

自分の中に幸福感が広がった。

毎日いろいろある。

けれど幸せだと思った。

足るを知ることを学んだのだろうか?

そうかもしれない。

きっと世界は誰に対しても微笑んでいる。

それに気づくかどうか・・・。

昨日のボクは、それに気づいたのだろう。

|

« 東京 朝の光 冬の予感 | トップページ | GAPが原宿駅の真ん前に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京 朝の光 冬の予感 | トップページ | GAPが原宿駅の真ん前に »