« ほぼ日手帳 Je me souviens. | トップページ | 仕事始め »

2010年1月 3日 (日)

箱根駅伝を観ながら Gymで走った

柏原竜二という名前を覚えてしまった箱根駅伝。

ただ観戦するだけでなく、Gymで走りたくなった。

いつもより1Km多い5kmを走り終えて、トレッドミルを降りた。

ヘッドフォンから聴こえる箱根駅伝の臨場感は、TVで観る以上に生々しい。

何故、これ程、箱根駅伝は正月の人々のこころを惹きつけるのだろうか?

あの若きアスリートたちにのしかかる重圧。

繰り広げられるドラマ。

それを乗越え、タスキをつないでいく駅伝。

そのドラマに、人は新たな年における自らを投影するのかもしれない。

勝利がひとときの偶然やラッキーではないこと。

毎日毎日を、その日のために捧げて精進しているアスリートたちが美しく映る。

人は誰もが、自らの駅伝を走っているのだろう。

だから、がんばって。

その声援を自ら発してしまう。

沿道に誰もいない時にすら、きっと応援してる人がいる。

この世の中は、そのようにうまく出来ている。

そう信じている。

明日から、仕事始め。

長い道のりです。

タスキをつないでいきましょう。

|

« ほぼ日手帳 Je me souviens. | トップページ | 仕事始め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ほぼ日手帳 Je me souviens. | トップページ | 仕事始め »