« マクドと呼んで、McCafeと呼ばない訳 | トップページ | 土曜の朝 カフェで過ごす »

2010年2月 5日 (金)

朝青龍の引退

昨日、朝青龍の引退の報を最初に知ったのは、Twitterからだった。

誰かが、つぶやいてた。

帰宅してからニュースをみた。

今朝のTVもみた。

拙速の感、否めない。

何がモメントになったかは、報道で大体つかめた。

しかしそれが本当なのか?それはわからない。

人の進退にかかわる問題である。ましてや現役の横綱だ。

この場合、【事実】と【報道】と【権力構造】の3軸で、正確に判断しなくてはいけないと思う。

朝青龍の場合、さらに【国際化】と【国技】という2軸が必要になるかもしれない。

感情的な報道がなされる。

いつもながらだけれど。

感情的な報道をリードする識者のコメントが新聞に乗る。

秘すれば花という文化が、かって日本にはあった。

言葉もまた暴力になる。

正義をいい、人の道を説く。

その前に、【事実】が明らかにされるべき、と思うのだ。

この引退のリードの在り方が、将来何をもたらすのだろうか?

いずれ事実は明らかになることだろう。

いや、事実は明らかにされなくてはならない。

|

« マクドと呼んで、McCafeと呼ばない訳 | トップページ | 土曜の朝 カフェで過ごす »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マクドと呼んで、McCafeと呼ばない訳 | トップページ | 土曜の朝 カフェで過ごす »