« 18歳の君へ | トップページ | エクセルシオール・カフェ »

2010年6月17日 (木)

梅雨の過し方

昨日の天候は一日で大きく変った。

朝方の雨はお昼前にはあがり、代わりに太陽が顔を覗かせた。

夕刻は、夏の夕べのようだった。

陽射しはすでに夏である。

変らないのは、梅雨の時期特有の湿度と典型的な蒸し暑さ。

Img_3106

この季節を快適に過すことについて考えた。

①できるだけ快適な空間を確保する。

その持ち駒を複数持っておく。カフェ。図書館。Gym。その他あなたの過す場所。Green車のシートもそうかもしれない。

好んで多湿な場所を移動しない。

(多湿な場所を好む人は、この限りではない。)

朝の早いうちに、移動できるならば、そうする。

一日のスケジュールに、この快適な空間(場所)を上手にレイアウトできれば理想的だ。

オフィスが快適であるならば良し。

しかし外出しなくてはならないビジネスマンも多い。できるだけ快適なあなたの空間を。

②冷たいものを、ほどほどにセーブする。

温かな珈琲を飲む。

時にぺリエなどを。

Img_3098

③暴飲暴食せずに早く帰宅し、夜はぐっすり休む。

思いの外、体力を消耗しがちなこのシーズン。

夜の睡眠重視。

明方のシャワーなど、気持ちのいい習慣を、今一度整備してみる。

いずれも当たり前のことですが、自戒を込めて、①②③を守ります。

やがて来る夏。

充分な体力・気力で活動できるように、コンディションを整えてまいりましょう。

|

« 18歳の君へ | トップページ | エクセルシオール・カフェ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 18歳の君へ | トップページ | エクセルシオール・カフェ »