« マイブーム 稲垣潤一「男と女」 | トップページ | SoftBankのお父さんは、言いました »

2010年7月29日 (木)

7月の終わり 朝焼けの空

始発に乗るために早く家を出て、すぐに空を見上げた。

Img_3477

雲が流れ、空は刻一刻とその表情を変えていった。

駅に着く頃、朝焼けをカメラに収めることができた。

Img_3479

ホームで始発を待つ時には、既に雨の予感がした。

Img_3480

大船から横浜にかけて、激しい雨が車窓をたたいた。

遠くから日の出が望める不思議な雨の光景ー。

こんなシーンを映画に撮れたら、日常がSFのように感じられるはず。

そして東京は朝から久しぶりに雨が降っていた。

雨に感謝。

そんな気持ちで雨の中を歩いた。

街も草木も、そして人のこころも、雨が潤すはず。

あと3日で7月が終わる。

ナイフで切り分けるように、日曜から8月が始まる。

7月の終わりに、ヴィジョン・クエストをしよう。

そう思いついた。

今自分はどこに立っているのか?そしてどこへ行こうとしているのか?

もう一度、見つめよう。

雨は人のこころを内省的にしてくれる。

2010年7月29日(木)は、そんな雨の一日。

|

« マイブーム 稲垣潤一「男と女」 | トップページ | SoftBankのお父さんは、言いました »

コメント

おはようございます♪

綺麗な朝焼けですね。
神秘的な空気が感じられます。。。
この空の変遷を生で見たかったな。。

雲ひとつないお天気の日も
エネルギーが充電される感じですが、、
反対にこんな雨の日は、とってもホッとしてしまいます。不思議です。

こんな雨の日に
窓の外の潤う木々を眺めながら
お部屋でのんびりしたいです。

あと3日で8月なんですね。早い。。

投稿: minmi | 2010年7月29日 (木) 09時38分

minmiさん

おはようございます!
(一日ぶりになってしまいました。30日(金)の朝です)

夏の朝は、空が雄大に変容するので、曇りであっても、海にでたりします。

時に、驚くような眺望がひろがります。

本物の3D映画は、雄大で、おそらく人間がつくりだせそうにありません。

唯一の弱点は、とても短い上映時間であることと、二度と上映しないこと・・・。

いい8月を、お過ごしくださいね。

投稿: チャーリー | 2010年7月30日 (金) 07時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マイブーム 稲垣潤一「男と女」 | トップページ | SoftBankのお父さんは、言いました »