« ガスト ハミ出るビーフステーキ | トップページ | SoftBankから焼肉へ そしてユニクロへ »

2010年7月11日 (日)

参院選 そしてW杯決勝

民主主義は手間隙のかかるものと云われます。

けれどその手間隙かかる民主主義は今の世界で公正な唯一のイデオロギーと看做されているので、今朝ボクは投票に行きました。

難しい投票だったです。

TVでは、まるで芸能番組の如く、出口調査の結果を元に8時から特番が開始されました。

それを見ながら、政治の世界では、スポーツの絶対的な勝敗とは異なる情勢で動いていると感じられます。

人気(任期)商売に近い扱われ方の中で、アスリート達の絶対的な勝敗と伍して言葉を操る政治家をみてみたいのです。

政治家ならば、言葉が武器である。

その言葉がぶれ、スライドし、選挙戦勝利のために費やされているのではないか?と肌で感じていた。

だからW杯決勝の絶対的な勝敗は、言い訳の出番なく壮絶な高みにあると感じられる。

勝者は、どのような存在だろうか?W杯では奇跡の世界に勝者は立つと思える。

職業政治家もまた、奇跡の世界で当選を手に入れてほしいものだ。

片手間で政治はやれるものだろうか?

口先で政治はやれるものだろうか?

政治家は、命を賭けてニッポンの未来のために汗を流して政治をやってほしいです。

選挙に行くのは、ほとんど無力を自己確認するような営みですが、民主主義を守るため、そして投票は、厳しい評価を政治家に下せる唯一の行使手段だから行くのです。

いい政治を、政治家の使命としてお願いしたいのです。

お願いできますか?

|

« ガスト ハミ出るビーフステーキ | トップページ | SoftBankから焼肉へ そしてユニクロへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ガスト ハミ出るビーフステーキ | トップページ | SoftBankから焼肉へ そしてユニクロへ »