« 月9 夏の恋は虹色に輝く 第7話 | トップページ | 【感謝!2000回】 旅立ちの朝 »

2010年8月31日 (火)

<卒業> ある時代の終わり

(この記事は、ブログを始めてから通算1999回目の記事となります。)

今日で2010年の八月が終わる。

猛暑の夏でしたね。

明日から九月。

でも相変わらず暑い日が続くらしいです。

しかしボクにとっては、今日はある時代の終わり。

ある時代から卒業していく日です。

サラリーマンを長いことやってきました。

サラリーマンという言葉に抵抗があり、ビジネスマンという言葉を使うようにしてきました。

けれど、毎月決まった日にお給料が貰えて、それを当てにして生活してきたという一点において、ボクはやはり「サラリーマン」でした。

その「サラリーマン」の身分から、今日卒業します。

これから再び組織に所属するとしても、おそらくボクは「サラリーマン」にはもう戻らない。

いや、戻れないでしょう。

自分の中で、何かが変化してしまいました。

自分のあるべき方向へと誘(いざな)う声に従うことに決めました。

だから、2010年九月は、ボクの新たな時代の始まりです。

ある時代の終わりとは、ボクにとっての「幼年期の終わり」。

自立した自分になりたいのです。

そういう気持ちにしてくれた「この時代」に感謝します。

そこで出会った人たちに育てられ、励まされ、ここまで歩いてきました。

昨晩は、そういう人たちに囲まれて、楽しいひとときを過ごしました。

こんなに素敵な人々に囲まれてボクは仕事をしてきたのだーそうあらためて自覚した晩。

新しい時代に、再び出会いたいと思います。

断ち切るような分かれ方ではなく、円満なお別れをすることができて、幸せです。

この組織で最後に仕上げた仕事の情景のイメージは次の通りでした。

沖合いに煌く光。

Img_2445

そのとき、これが最後の仕事になるだろう、と直感しました。

自分ひとりで仕事をしたのではないので。

大勢の人々と、仕事の喜びをわかちあいました。

だから幸せなのでしょう。

オフコースの最後の時代、小田和正さんが歌ったように、ボクもまた思います。

ーはじまることも、おわることも、きっと同じだね・・・

新たな時代で、また、あなたと会いましょう。

たくさんの握手を、ありがとう。

ボクの右手はちょっと腫れています。

感謝!

●関連記事:「さよなら 渋谷」

|

« 月9 夏の恋は虹色に輝く 第7話 | トップページ | 【感謝!2000回】 旅立ちの朝 »

コメント

え!そうなんですか?
もしよければ近々あべちゃんあたりでお話を伺いたいものです。
とにもかくにも、お疲れさまでした。

投稿: arriba | 2010年9月 1日 (水) 00時22分

お疲れさまでしたと言うべきか。
おめでとうございますと言うべきか。
まだまだサラリーマンをスタートさせたばかりの私には分からないけれど、それでもこの卒業がチャーリーさんにとって大切なことなんだろうな、と記事を読んでいてなんとなく伝わってきます。
だからやっぱり、おめでとうですね^^

このチャーリーさんの大きな門出の時期に、ブログの回数も切り替わるというのが、なんだか「さすがチャーリーさん!」と言いたくなってしまいます。

投稿: とーこ | 2010年9月 1日 (水) 01時05分

あたらしい世界で生きる事をお決めになられたのでしょうか。
帰路に立たれ、節目をお迎えされたのですね。
「自立した自分になりたい」
チャーリーさんの熱意や努力、
皆に対する公平な優しさには及びませんが、
私もそんな思いから
8月を区切りに9月から
あたらしい世界の中で生きてゆこうと決めたところでした。
どの世界で生きようが自分ひとりの力ではないですね。
自分らしさを失わず、自分らしくお過ごしくださるよう、
くれぐれもお体大切にお過ごしくださいね。

遠くからではありますが、心より応援しています。

投稿: mami | 2010年9月 1日 (水) 02時17分

arribaさん

ありがとうございます!

懐かしい「あべちゃん」行き、是非実現させましょう。

九月の下旬になれば、少し落着くと思います。

これからも宜しくお願いします。

投稿: チャーリー | 2010年9月 1日 (水) 08時05分

とーこさん

さすが、とーこさん、気がつきましたね!

そうなんです、1999と2000をどういう日に決めるかで、先週からかな~り意識しました。

見抜かれちゃったわけですね。

おめでとう、といってくださって、ありがとう!

お疲れ様でもOkです。

なが~いサラリーマン時代でした。

でも、これからまた、サラリーマンになる可能性も留保していますので・・・。

これからもどうぞ宜しくお願いします。

投稿: チャーリー | 2010年9月 1日 (水) 08時10分

mamiさん

いつも、コメントをありがとうございます。

人生には節目やきっかけが、ありますね。

自然な流れとして、そういう契機がやってきたなら、それを見送らずに、つかまえたいと思います。

確か、「天使の後髪」っていうんでしたっけ?

見送ると、チャンスは二度とこない、と聞いたことがあります。

おそらく、チャーリーは、今回のことを、ピンチではなくチャンスと捉えています。

たくさんのリスクはありますが、何もしなかった自分よりはまし・・・そんな気持ちでいます。

mamiさんと同じ時期の選択、なんですね。

これからもどうぞ宜しくお願いします。

投稿: チャーリー | 2010年9月 1日 (水) 08時19分

一歩踏み出したのですね。
私も『おめでとうございます』と言わせて
下さいね。

心の葛藤が色々あったのでしょうが、
素敵なことです。
私も、10月を節目として一歩踏み出します。
みんなに支えられて一歩踏み出せた事を感謝して、歩き出そうと思っています。

お互いに自分のペースを守って、進みましょう!!

投稿: yuriko | 2010年9月 5日 (日) 16時58分

yurikoさん

コメントを頂戴し、ありがとうございます!

一歩踏み出してしまいました。

でも、決して後悔していないです。また、これから後悔することもないでしょう。

人にはそれぞれ物語があって、必然的なストーリー展開というものが、あるような気がします。

yurikoさんの「一歩」もまた、そのような必然に導かれているのでしょうね。

「自分のペース」、本当に大事です。

自分の物語、ですから。

今後とも宜しくお願いいたします。

投稿: チャーリー | 2010年9月 6日 (月) 06時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 月9 夏の恋は虹色に輝く 第7話 | トップページ | 【感謝!2000回】 旅立ちの朝 »