« 早朝ジムに行くはずが、銭湯へ | トップページ | 月9 夏の恋は虹色に輝く 第5話 »

2010年8月16日 (月)

そして8月16日の朝

コミュニケーション領域に位置づけられそうな三日間の集中セミナーに参加した。

たくさんの学びを得た後は、それが失われてしまわないように、と人は願うもの。

そんな思いを味わいながら、今年の八月十五日は過ぎていった。

そのセミナーの締めくくりに、講師の方がこんな別れの挨拶をされた。

人は人によって磨かれる」。

本当にその通りだと思う。

いい人々と出会い、いい影響を受ける。

自分もまたいい影響を周囲に与えられる人間でありたいと願う。

明け方の海辺で、上空を旋回する鳥を眺めた。

Img_3807

空を滑空する鳥が自分は好きなのだ、と知った。

滑空するためには充分な高度まで上がれる筋力と、風を読める能力が必要だ。

あるいは「ひとり」であることを許容する力も。

そして、生きるための狩りをする。

冷静な視線と判断を働かせ、けれど優雅に空を旋回する。

そんな鳥の眼に、ボクはどのように映っているのだろう?

そして明け方の新宿に降り立った。

街が再び元の喧騒に戻っていく日。

Img_3808

ちょっと素敵な視界が広がる。

Img_3809

人が輝くとき、きっと世界は輝くのだろう。

そう、そんな一日を、今日始めよう。

晩夏が、今日から始まる。

|

« 早朝ジムに行くはずが、銭湯へ | トップページ | 月9 夏の恋は虹色に輝く 第5話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 早朝ジムに行くはずが、銭湯へ | トップページ | 月9 夏の恋は虹色に輝く 第5話 »