« 職務経歴書と履歴書 | トップページ | オーストラリアの大地 日の出 »

2010年10月27日 (水)

再び始発に乗って 東京の朝

Tokyoに6時についた。

何ヶ月も何ヶ月も、そう何年も、そのような朝を過ごしてきたのは、ボクが強いからではない。

むしろ弱い自分を厳しい状況から守る為に、無意識に始めた習慣だった。

混沌とした状況や自分にとって過酷な状況にあって、生活に秩序を与えなくてはならなかった。

状況に左右され、支配されたくはなかった。

自分のコントロール感を維持したかった。

丁度、タービュランス(乱気流)の中を飛行するパイロットが、そうしようとするように。

状況をコントロールすることができないならば、自分自身をコントロールする。

操縦桿を離す訳にはいかない。

そんな生活を振り返った。

そうやってがんばっていた自分が懐かしい。

忘れてならないのは、そんな自分を応援してくれる人たちがいたこと。

そういう人たちに見守られて、今の自分がいる。

守られていることを、忘れずにいるように。

ひとりで疲れている時には、そんな大切なこともみえなくなることがあるから。

さあ、もう一度、あの時の習慣に立ち戻ろう。

Tokyoの朝の風景ー。

Img_4916 Img_4917

今週末で10月は終わる。

今週末までに、マイ・プロジェクトを形にしよう。

I must, I must.

どんなに未熟なものであろうとも、形にする。

それは、他の人の叡智を結集する“たたき台”になるはずだ。

未完成であろうと、形にすることが大切なのだ。

クラッシュ&ビルドでいい。

綱渡りをするような気持ちを引締めて、今日一日を過ごしたい。

いつものカフェに7時に入った。

自分の意志で選べる空間ー。

Img_4919

今日一日が、いい一日でありますように。

小さな前進であってもいい、立ち止らなければ。

あなたもまた。

|

« 職務経歴書と履歴書 | トップページ | オーストラリアの大地 日の出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 職務経歴書と履歴書 | トップページ | オーストラリアの大地 日の出 »