« セカンドバージン 危機管理について | トップページ | 江の島 風の強い日には鳥もまた »

2010年12月 9日 (木)

結婚記念日の過ごし方 2010

昨日は結婚記念日だった。

その記念日を、どのように過ごそうか?

ふたりで考えた。

その年にはその年の過ごし方がある。

少し前に旅行にいけたので、今年の結婚記念日は普段とかわりない一日の中で、ささやかなお祝いをしようということになった。

駅で待ち合わせをして、我が家の方向に戻る。

家の近所に最近できた商業施設の最上階でケーキでも食べよう。

ボクは、ひさしぶりに「ティラミス」を注文した。

ティラミスには、イタリア語で「私を元気にさせて」という意味がある、そうメニューに書いてありました。

Img_5370

いつも、ボクを元気にしてくれて、ありがとう。

ふたりでケーキを食べて、おしゃべりをした。

何も特別のことをしなかった結婚記念日。

けれど夕方、素晴らしい夕暮れをみた。

Img_5373

そういえば、昨年はふたりが最初に生活を始めた街を、訪問したっけ。

今年は、今のふたりが生活している街で。

いつも元気を、ありがとう。。

ボクもまた、君を元気にしているだろうか?

ちょっと自問してみる。

答えは、相手の心の中に・・・。

●結婚記念日の過ごし方2009

|

« セカンドバージン 危機管理について | トップページ | 江の島 風の強い日には鳥もまた »

コメント

遅ればせながら。
結婚記念日、おめでとうございます^^
去年も一昨年もやっぱり書いたんだなあ、と思いつつ、やっぱりいいなあと思わずにはいられない私です。
お互いに元気にさせてあげられて。
一緒に夕日を見て感動できて。
そんな相手を私も探したいなあと思ってしまいます!!

投稿: とーこ | 2010年12月15日 (水) 23時30分

とーこさん

私たちの結婚記念日に、いつもお祝いの言葉を寄せてくださって、ありがとうございます。

結婚は、どこか旅に似ている気がします。

同じ旅路を歩んでいても、夫婦で違った視点で景色をみていたりします。けれど旅ならば、仲よくありたいもの。

コミュニケーションというのは、判るというよりも、“判ろうとする”気持ちなのだそうです。

その“判ろうとする”気持ちを、忘れずに再び歩いていこうと思います。

いつもいつも、ありがとう。

投稿: チャーリー | 2010年12月16日 (木) 06時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« セカンドバージン 危機管理について | トップページ | 江の島 風の強い日には鳥もまた »