« 内省の時間を持つ | トップページ | 計画停電のない日に »

2011年3月19日 (土)

一週間という時間

先週の土曜日のことを思った。

一夜があけて、やっと帰宅した午前10時。

食事とシャワーを済ませ、眠った。

金曜日まで様々なことが起こり、一週間が過ぎて、土曜日がやってきた。

ボクは再びブログを毎日書こうと決心し、毎日少しずつ、自分のできることをした。

そうやって再び訪れた土曜日。

知り合いからメンタルケアに関する情報をいただいた。

印象に残る三点を記しておきたい。

①自分自身に対するサポートを忘れない。

自分自身が落ち着きを保っていられるように、活力、知力、行動力の源泉である自分。

②テレビの視聴に要注意。

(これは自分自身が直面したことで、記事にしました。)

③人とのコミュニケーションの大切さ。

自分の思いを言葉にする、人の話に共感を寄せること。

子供と、家族と、あるいは友人と、語る時間を、いつもより意識して大切に。

一週間という時間の中で堆積したものを、少しでも癒せるように。

今日は土曜日。

いつもの土曜日ではないとしても。

●TVとどう接するか?

|

« 内省の時間を持つ | トップページ | 計画停電のない日に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 内省の時間を持つ | トップページ | 計画停電のない日に »