« 黒澤明と小津安二郎と 鎌倉 映画散策 | トップページ | 梅雨の明けた日に »

2011年7月 8日 (金)

資格試験の筆記試験に 合格しました。

7月7日 七夕の日に、分厚い封書が自宅に届いてた。

帰宅して心を静めて開封した。

「資格認定1次試験 合格通知」の文字が目に入る。

2次の実技試験の申込書が同封されていた。

分厚いのはそのせいだ。

いつのまにか書斎に、息子たちもやってきて、「おめでとう!」と祝ってくれた。

静かな気持ちで受け止めた。

「パパは今ついているから、触るとツキがつくよ」

冗談でそう云ったら、受験勉強中の次男坊と就活の長男が、身体にふれてきた。

君たち ありがとう。

(応援してくれてたね。)

考えてみれば、逆境のとき、この資格取得を勧めてくれた恩師、共に学んできた勉強仲間たち、そして土日勉強する環境を整えてくれた家族のおかげで、ここまでやってこれた。

ながい旅でした。

ありがとう。

けれど、これは通過点に過ぎない。

8月の実技試験にむけて、再び今日からスタートをきりますよ。

試験に合格することは、Luckであって、真の実力が反映されたものではない。

もっともっと勉強しなくてはならない。

友人に「勉強するのが好きだね」と云われた。

ほんとうは、そうではない。

今がただ、ボクの勉強の季節なのです。

●エスプレッソはダブルで (6月20日 記事)

|

« 黒澤明と小津安二郎と 鎌倉 映画散策 | トップページ | 梅雨の明けた日に »

コメント

筆記試験合格、おめでとうございます!!

年を経る事に「やった分だけむくわれるチャンス」が少なくなると思うと、資格試験は数少ないそのチャンスだと思っています。
 
 チャーリーさんが頑張った分の報酬は、次の試験へのキップだけじゃなく、達成感と家族の笑顔がもれなくついている。
そう思うと、なんて報酬の多い仕事でしょう。本当におめでとうございます。

投稿: ももんが | 2011年7月 8日 (金) 17時18分

ももんがさん

祝ってくださって、ありがとう。

合格してみてうれしいのは、家族や周囲にうれしさが伝わっていくことでした。

人は心のどこかで「がんばれば報われる」という摂理が人生に適用されるように願っていると思います。私もそうですし、おそらく我が息子たちも。ならば自分もがんばろう、と。

がんばって、勝利の味をかみしめよう、と。

大人はその上で、がんばってもがんばっても報われないかもしれないが、それでもがんばるぞ、としぶとく戦うんでしょうね。

がんばっていた自分が、好きだな、そう思いました。そして喜んでくれる人々が周囲にいることは、幸せなことだと思いました。

ありがとう、ともう一度いわせてください。

投稿: チャーリー | 2011年7月 9日 (土) 01時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 黒澤明と小津安二郎と 鎌倉 映画散策 | トップページ | 梅雨の明けた日に »