« 東海道線の車両に缶詰 4時間目 | トップページ | 秋分の日 江の島 夜明け前 »

2011年9月22日 (木)

台風一過

昔、子供のころ、「台風一過」のことを「台風“一家”」だと思っていた。

台風一家という家族がいて、それはどんな台風の一家であるのか?

・・・そのようなことを考えていた。

確かTVドラマで、轟一家(とどろきいっか)という家族がいて、その轟一家の親戚が台風一家であると思っていた時代。

それがボクの子供時代です。

台風一過という意味がわかって、ボクの子供時代は終わった。

さて、昨日の台風15号。

その台風一過の今日は、朝から青空が広がっています。

帰宅の足を直撃された人、数知れず。

ボクもまた6時間15分、電車の中に缶詰になって、これからの人生について考えました。

どうか今日の一日を、上手に乗り切りましょう。

明日は秋分の日、秋の三連休の第二弾がはじまりますから。

|

« 東海道線の車両に缶詰 4時間目 | トップページ | 秋分の日 江の島 夜明け前 »

コメント

実は、私もです(^^;)


昨日は台風の恐ろしさを身を以て知りました・・・
今日の台風一過、本当にうれしいです♪

投稿: みゆき | 2011年9月22日 (木) 11時21分

みゆきさん

台風一過で、秋が本格的に深まりそうですね。

“台風一家”、本当はどこかで存在していてほしいです。

“一家”(いっか)という言葉に、どこか惹かれています。

そんなことに気がついた今朝。

この三連休は、気持ちのいい秋晴れが広がりそうです。

よいお休みを、お過ごしくださいね。

投稿: チャーリー | 2011年9月23日 (金) 07時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東海道線の車両に缶詰 4時間目 | トップページ | 秋分の日 江の島 夜明け前 »