« 清水湯 | トップページ | カウンセラーの学び »

2011年11月 8日 (火)

リンゴ 一つ

会社で、お世話になっている方からリンゴをいただいた。

Img_7744

ご家族で収穫されたリンゴは、大きくしっかりとしていて、中に蜜が詰まっていた。

美味しかった。

ひとつのリンゴが木になって季節の中で成熟し、ある日収穫され、手から手へと手渡されるまでの過程は、それ自体が奇跡のように思われた。

ボクが今育てているリンゴの木は、なんであろうか?

その木を大切に慈しんで、育てているであろうか?

やがて収穫期を迎えた時に、ボクは誰にそのリンゴを渡すのだろう?

そのリンゴ、美味しいものであってほしい。

蜜は?

その蜜は、今ボクの心の中で育むべきものなのかもしれない・・・。

そのようなことを「りんご」ひとつから、ボクは考えた。

|

« 清水湯 | トップページ | カウンセラーの学び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 清水湯 | トップページ | カウンセラーの学び »