« 救急車に乗ったこと | トップページ | 勇気づけられること »

2011年12月13日 (火)

小田和正さんから学んだこと

小田さんの曲から、ボクはおそらくたくさんのことを学んだ。

「愛する」のではなく、「愛することに決める」こと。

「信じる」のではなく、「信じることに決める」こと。

<決める>という行為によって、舵をきる。

舵をきった以上、後には戻らない。

戻らない、と決めるのだ。

自分の人生で、自分の選択において、自分に責任を負う。

それが大人というものだろう。

今日、ボクが学んだことは、いくつかあるけれど、ひとつに絞れば、こういうことだ。

ボクは、愛することに決めたし、信じることに決めた。

そのような選択は、ボクの人生で珍しいことだけれど、そう決めた。

それは、あなたを信じる、ということに近いことです。

そういうことを、歌にのせて教えてくれた小田和正さん、ありがとうございます。

|

« 救急車に乗ったこと | トップページ | 勇気づけられること »

コメント

まだ激務が続いていますでしょうか。。
私も年末の嵐に巻き込まれていて、、
久々にチャーリーさんの所へ伺ったら、、びっくり!

もう完全にカラダは回復されたのでしょうか?
自分の思っている以上に、カラダがうまく回ってくれない事がありますね。。
もう倒れるのではないか。。という事が私も煩雑にあります。それでも予定を変更しない執着のある自分もいて(笑)

もっと自分を大事にしなければ・・と最近つくづく。。
自分のモノだけではない大事なチャーリーさんのカラダです。どうぞ大切にしてくださいね。。

>ボクは、愛することに決めたし、信じることに決めた。

チャーリーさんに決められた方は幸せですね

投稿: minmi | 2011年12月20日 (火) 11時24分

minmiさん

明けまして、おめでとうございます!

チャーリーは、新しい職場で12月30日から今夜(1月2日)まで過ごしました。

激務は続いているものの、いつしか身体の適応力はボクを支えてくれて、この現実から学べる種子を拾っている気がします。

お返事が遅れて、ごめんなさい。

心配してくださって、ありがとう。

ボクはまだ、最後まで歩いてはいません・・・。

投稿: チャーリー | 2012年1月 3日 (火) 01時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 救急車に乗ったこと | トップページ | 勇気づけられること »