« 歓迎会 | トップページ | 目黒川のほとりのBarで »

2012年6月24日 (日)

息子を迎えに 深夜のドライブ

午前零時半ごろ、長男が小田原から電話してきた。

仕事帰りに仲間と飲んで帰路についた。

東海道線の横浜駅で座れて、気がつけば小田原だった。

ひと眠りしていたので、ボクは迎えにいってあげることにした。

西湘バイパスを飛ばすのは、ひさしぶりだった。

30分程走ってバイパスを降り、小田原駅に着いた。

携帯に電話をすると、すぐに長男の人影がわかり、ほっとした長男が車に乗ってきた。

夜道を家路に向かう時、今のこと、これからのことを話した。

ーまた伝説がふえたね。

ーパパは、三島が最長不倒距離だ。まだまだ、だね。

ほっとした長男を身近で感じる。

愛おしさと頼もしさがブレンドされた感覚だ。

息子のおかげで、ひさしぶりの深夜のドライブを堪能することができた訳だ。

ぐっすり眠って、よい日曜日を過ごしなさい。

|

« 歓迎会 | トップページ | 目黒川のほとりのBarで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歓迎会 | トップページ | 目黒川のほとりのBarで »