« 「三島由紀夫の日蝕」(石原慎太郎) 新潮社 | トップページ | 雷鳴 雨の中を傘をさして »

2012年9月18日 (火)

この秋にしたいこと。

九月も十八日になった。

毎日三十度を超す残暑が続いている。今日もまた東京は真夏日になるそうだ。

しかし朝晩は、随分秋めいてきた。

もう少し、もう少しで、秋になる。

そう自分に言い聞かせて、この残暑を乗り切っていきたい。

この秋にしたいこと、それを今朝は考えることにした。

まず、一番目。

自動車免許をとった長男と一泊くらいのドライブ旅行に行きたい。

秋を訪ねる旅がいい。

紅葉と秋の味覚を味わう旅。

二番目。

都内で「孤独のグルメ」旅をしてみたい。

これは、ひとり時間を味わう旅だ。

三番目。

十月から十二月を、穏やかにじっくりと味わう週末を過ごしたい。

出来れば、読書を楽しむ時間の充実など。

・・・・・・。

一年前の自分は、人生の転機を生きていた。

今秋は、それを乗り越えて今を生きていることに感謝しつつ、今を生きてみたいのだ。

今を味わい、今を生きることが、そのまま未来につながっていくのではないか?

毎日の仕事に、少しずつ余裕が生まれ始めている。

その余裕を質を高める方向に持っていこう。

今週は、この秋にたどりつくためのラストウィーク かもしれない。

いい一週間を!

あなたもまた。

|

« 「三島由紀夫の日蝕」(石原慎太郎) 新潮社 | トップページ | 雷鳴 雨の中を傘をさして »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「三島由紀夫の日蝕」(石原慎太郎) 新潮社 | トップページ | 雷鳴 雨の中を傘をさして »