« ほぼ日手帳 2013 | トップページ | 立冬 シルキーモーニング »

2012年11月 6日 (火)

大統領選 オバマ大統領の資質

アメリカ大統領選の結果を見守っている。オバマvs.ロムニー、大接戦である。選挙活動期間中のオバマ大統領をみていて、やはり役者は一枚も二枚も上だなと感じた。ロムニー氏に対してではない。日本の政治家に対してである。討論にしても演説にしても、身体の鍛え方にしても、ハリウッド・スター以上のレヴェルだと思える。頭脳は明晰で決断力があり、危機管理能力に秀でている。いい悪いを超えて、リーダーシップがあることを万人が認めるだろう。ロムニー氏は?正直わからない。追う者の強みが発揮されている。しかし古いハリウッド映画の英雄像にどちらかといえば近い。強いアメリカを再興することに自分があまり興味がないからかもしれない。翻って日本の政治家の顔を思い浮かべてみる。議員はいても政治家と呼べる人物が思い浮かばない。言葉を操れない者、倫理観の乏しい者、権力を誇示する者、精彩を欠く者、感情を露わにする者、批判ばかりする者、勇ましい言葉に酔う者、いろいろな顔が思い浮かぶというのに。一言でいえば、セクシーではない。アウトレイジな面々は自らの欲望に支配され、欲望をコントロールできていない。あのタフな大統領選を戦える政治家が、日本にも出てきてほしい。きっとそのような資質の持ち主は、政治以外の分野で活躍しているのだろう。

|

« ほぼ日手帳 2013 | トップページ | 立冬 シルキーモーニング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ほぼ日手帳 2013 | トップページ | 立冬 シルキーモーニング »