« 新宿御苑 Playgirl Playboy | トップページ | カウンセリング 怒りについて。 »

2012年11月13日 (火)

インフルエンザの予防接種

先週末に、例年より少し早くインフルエンザの予防接種をすませた。お値段2,500円なり。年に一度行く医者はお年寄りが大勢待合室にいる、繁盛店だ。待たされる時間がハンパナイので覚悟がいった。だから朝一番の予約時間に行って二番、それでも待たされた。院長はおしゃべり好きの面白いオヤジである。ボクは心の中でヤブ医者だと思っていた。それが今年感じ方が変わった。お年寄りたちがこの医院に詰めかけるのは、この院長が気さくにおしゃべりしてくれるからだと推測したのだ。インフルエンザの予防接種も、それでは今日ついでに打っておこう、そんな感じだ。心配してくれ、早めに養生してくれる。そういうことがお年寄りにはとても心強いことに違いない。一年ぶりのボクにもいろいろ雑談を仕掛けてくる。高いクスリの話をすると、このクスリがいいよ、と処方箋を書いてくれる。自分も十数年これを飲んでいる、それに安いでしょ?やれやれ、ハイハイ。なんだか温かいものが流れてくるようだった。内心思った。ヤブだと思っていたが、名医かもしれない。不安を煽って通院を促す医者よりもずっと良い。カウンセラーという仕事について、この医者の評価が180度変わった。待ち時間はかかるけれど、ラポールの形成にチカラをいれて患者の不安を軽減してくれる名医なのだ。これからも心の中で親しみを込めてヤブだと呼ばせてもらうけれど。

|

« 新宿御苑 Playgirl Playboy | トップページ | カウンセリング 怒りについて。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新宿御苑 Playgirl Playboy | トップページ | カウンセリング 怒りについて。 »