« 仕事納め | トップページ | 窯出し とろけるプリン »

2012年12月29日 (土)

仕事納めのラプソディー

28日(金)の仕事納めの日は平常通りの勤務だった。

面白かったのは、何度か面談してきたクライエントが指名で電話相談してきたこと。

最終日に駆け込み、という感じ。

前日に作戦会議したクライエントだ。

クライエントの課題を整理し、その対処策を練る。

クライエントが新年をあらたな気持ちで始められるように。

感謝されて、電話を置いた。

最終日にもまた、何人もの人生のドラマをみた。

そして業務が終わった後は、席替えがあった。

新しい面談のテーブルを、ボクは丁寧に拭いて、新年に備えた。

六時からは納会(忘年会)があった。

相談部門ほぼ全員が揃い、この一年の終わりを締めくくった。

ボクは一次会で失礼した。

二次会、三次会と続くのだそうだ。

海辺の街へと、ボクは家路を辿った。

氷雨が降っていたけれど、今年の仕事は終わったのだ。

この仕事に就いて143日目、827人のクライエントの人生。

良き2013年でありますように。

氷雨はやがて止む、そして陽はのぼる。

ボクは疲れた身体をゆっくりやすめよう。

|

« 仕事納め | トップページ | 窯出し とろけるプリン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 仕事納め | トップページ | 窯出し とろけるプリン »