« 今年の1月が終わる | トップページ | 息子の背中 東京の朝 »

2013年2月 1日 (金)

2月が始まる ホテルセンチュリーサザンタワー

長男とホテルセンチュリーサザンタワーに泊まった。

新宿駅のサザンテラス口から徒歩2分、長男の仕事場からも便利な場所だ。

昔、長男の大学受験の時にも利用したっけ。

懐かしいホテルだ。

地上100m、20階にロビーがある。

ルームナンバー3075の窓からみえる夜景。

Img_8946

食事をし、少しワインを飲んでおしゃべりした。

2月は長男の山場。

ボクも少し山場をつくらねば。

少しはがんばろう。

2月が終わる頃、ここまでやったといえるようにしたいものだ。

昔、このあたりはボクの縄張りだった。

その時も、がんばっていたな。

ようし、2月を始めよう。

きっとこのホテルを選んだのは、ボクの潜在意識なのだ。

2月をがんばるように、と それがボクの望んでいる決意なのだ。

先程 昔このホテルに関係する記事を読み返した。

そこで懐かしい言葉に再会した。

今日の印象に残ったコトバー。

There is only one corner of the universe you can be certain of improving, and that's your own self.

確かに改善できる場所が宇宙の片隅にひとつだけある。それは自分自身だ。

-Aldous Huxley (オルダス・ハクスリー 作家)

ようし がんばりましょう。

●2007年2月:過去記事

●息子のために できること

|

« 今年の1月が終わる | トップページ | 息子の背中 東京の朝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年の1月が終わる | トップページ | 息子の背中 東京の朝 »