« 3.11 あの日から二年経って | トップページ | 桜の計画 »

2013年3月12日 (火)

3.11 あの日のことを

昨日、震災の起きた14時46分にボクはクライエントの面談中であったので、そのクライエントに一言告げた。

「14時46分には、あなたと面談中でしたね」と。

その夜は、キャリア・コンサルタントの恩師と会食があった。

歓談の中で、やはり3.11にふれない訳にはいかなかった。

帰宅してから、家族とおしゃべりした。

長男が職場で、自分の意思で黙祷を捧げたことを知った。

あの日のことを振り返った。

一晩中寒さを逃れて、横浜のジョイナスの地下街で過ごしたこと。

目の前でJR横浜駅のシャッターが降ろされて、トイレも公衆電話も街頭TVも利用できなくなったこと。

東京電力の計画停電で、電気が使えなくなり、暗くなった部屋に家族が集まって、暖をとったこと。

計画停電の区域外のスーパー銭湯に場所を移して、資格試験の勉強をしたこと。

ボクの中で、何かが変化し、新たな価値観の萌芽があった。

TVを観なくなった。

人よりも競争優位にたとうとする営みが、愚かしく思えた。

あの日から、日本人は多くを失い、そして何かを得た。

為政者の無様な姿を許さない、と思った。

そして、家族を守ること、家族を支えることは、ボクの使命であると悟った。

そんなことを考えた昨日。

3.11をボクは忘れはしない。

|

« 3.11 あの日から二年経って | トップページ | 桜の計画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3.11 あの日から二年経って | トップページ | 桜の計画 »