« 都バス 一日乗車券 | トップページ | 銀座ライオン »

2013年5月10日 (金)

5月10日 ブログ記念日

2006.5.10に、ボクは初めてこのブログを書き始めた。

最初の記事は、NHKの「プラネット・アース」の感想だった。

それから七年間に、約二千七百の記事を書いてきた。

それはボクの習慣となり、今の自分を形成している。

最初の始める動機は、何だったろう?

ブログって何?

そこからはじまって、そこには何かがある気がした。

人から勧められたこともある。

当時仕事でクリエイティブなことをしたいと思っていたボクは、会社や資金や外的な制約から、クリエイト出来ない状況を生きていた。

ブログならば、日々自分自身の意志でクリエイティブな修練を積めるだろう、そう思った。

文章を書く。

写真を撮る。

レイアウトする。

そのようなプロセスを経て、自分が思う“良きこと”を表現してみようと思った。

ウォールのスキン(というのだろうか)は、最初に選んだもののままだ。

色とりどりの野菜たち。

色彩を持たない多崎つくるくん、ごめんなさい。

変わらないものと、流されていくもの。

不易流行。

ボクの七年間。世界と日本の七年間。

この間にボクは、三回の転職をし、失業も経験した。

いろいろなドラマがあったけれど、そのすべては“良きこと”に今では思える。

生きるということが、どのようなことであるかを探究したい自分には、たとえ空白の時であってもそこには意味があると信じている。

そして、叶うならば、よりよく生きたいと思う。

よりよく生きるためには?

そう、今でしょ!?

now & here.

ボクは、ボクの岸辺で生きる。

このブログは、岸辺にはえる椰子の実に記して海に流すようなものかもしれない。

誰かがそれを拾うだろうか?

そこには、希望の欠片があってほしいものだ。

|

« 都バス 一日乗車券 | トップページ | 銀座ライオン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 都バス 一日乗車券 | トップページ | 銀座ライオン »