« 映画「トゥ・ザ・ワンダー」 | トップページ | ウィリアム・ブリッジス 人生の転機における理論 »

2013年8月19日 (月)

お盆休みを終えて

Tokyoは再び動き出した。

朝の通勤電車にはビジネスマンが旅行客にとってかわった。

ホームには、通勤客が大勢電車を待っていた。

今日から二週間は八月の後半戦。

猛暑を上手に乗りきって、この八月を締めくくろう。

早朝、大気の中に涼しさが気配として感じられるようになった。

夏の光もまた、少し変わってきているようだ。

まず今日から一週間、猛暑をしのごう。

お盆休みに、家族で集まって食事会をした。

バイトを動かしたり、休みを合わせたり、家族それぞれが調整して全員揃った。

食事会の後は、カラオケに行った。

どの家族でもするようなこと。

けれど、それができたことの喜び。

この夏にやりたかったこと。

いくつかやり残したことを、この二週間でやろう。

そして、少しずつ秋に備えていこう。

この夏は終わる、そう思った今朝。

今週は、終わりと始まりが混在する一週間だ。

|

« 映画「トゥ・ザ・ワンダー」 | トップページ | ウィリアム・ブリッジス 人生の転機における理論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画「トゥ・ザ・ワンダー」 | トップページ | ウィリアム・ブリッジス 人生の転機における理論 »