« 半沢直樹 最終回 | トップページ | さようなら 真夏日 »

2013年9月23日 (月)

半沢直樹 その結末

あの結末をどうみるか。

少し後味が悪かった。

それは、おそらく演出のせいだ。

エクセレントではない終わり方。

半沢直樹の眼のUPで終わった。

そのクロースUPの秒数が、ラストカットにしては僅かに短い。

ブツッ、とした感じが残った。

CMがその後続いた。

〆のエピソードが、その後続くかと思っていたら、新番組の予告が入った。

ああ、あれで終わりだったのだ。

そう知って驚いた。

映画ならば、失格だろう。

はたして半沢直樹は、どうだったのか?

悔しかったのか?

意外だったのか?

それが判らぬまま、とっとと終わってしまった。

彼の人事が、昇進である筈などない。

そんなこと位、ドラマの終盤をみていればわかっていた。

しかし肝心の半沢直樹は、はたして昇進を望んでいたのか?

昇進を望む人間のやり方というものがある。

取締役会での自らの行い。

その代償は、エリート行員ならば充分承知していたはずだ。

最終回の演出で秀逸であった取締役会のシークエンス。

それは見事だった。

しかし、父親の回想シーンの挟み方にしろ、近藤を許すシーンにしろ、“半沢直樹らしく”ない場面もいくつかあった。

例えば、近藤を許すことは、自らの銀行マンとしての倫理に抵触するはずだ。

出向先を切り捨て、自らの昇進を優先する・・・それは、“半沢直樹的”職業倫理がしてはならなかったこと。

最終回には、あれっ、あれっ、という違和感が他にも散見された。

倍返しでなくてもいい。

半返しでもいい。

相手に逃げ道を用意してあげてもいいくらいだ。

しかし筋は通さねば。

そうしなければ、大和田常務と同じこと。

組織人としての生き方、あるいは、一匹狼としての生き方を、このドラマはボクに考えさせてくれた。

良いドラマは、そのようなチカラを持つ。

そして半沢直樹は、そんなドラマであったのだ。

だから、惜しい。

本当に惜しい。

●半沢直樹(TBS 公式HP)

|

« 半沢直樹 最終回 | トップページ | さようなら 真夏日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 半沢直樹 最終回 | トップページ | さようなら 真夏日 »