« 東京オリンピック 最終プレゼン 全容 | トップページ | 東京オリンピック プレゼン お も て な し »

2013年9月10日 (火)

秋の気配 国会図書館へ

今朝のTokyoには、秋の気配が漂っている。

この空気感、これは秋だ。

明日から週末まで再び気温が上がるらしいが、もはや季節は確実に秋に向かっている。

昨日は仕事の振替休日だった。

そこで永田町にある国会図書館を再訪した。

調べ物をした。
ノートPCにそのレジュメをつくっていく。

裁縫のようにコツコツ根気のいる仕事だ。

10時から15時までの五時間をそのようにして過ごした。

牛歩のような作業に、耐えねばと思う。

勉強ははかどらない代物だ。

国会図書館の蔵書は館内貸出なので、家に持ち帰って読むことが出来ない。

その不便さがまたいいのだろう。

その空間で読む。
読書にまとまった時間を捧げなくてはならない。

だからお昼をとらない。

それが、ボクの流儀だ。

15時に閲覧図書を返却して外に出た。

バスで国会図書館前から、新橋駅まで移動した。

秋の光が、霞ヶ関の官庁街と内幸町のビルを照らしていた。

働くリーマンの姿を車窓から目で追った。

ボクもまたあのようにリーマンであった。

新橋で働いていた頃を思い出す。

昭和の光景。

懐かしさが甦った。

2020東京オリンピックの招致が決まって見るTokyoは、新鮮だった。

このTokoで働いてきたし、今も働いている。

そのTokyoが最も美しく思える秋。

今年こそ、9月、10月、11月と、Tokyoの秋を味わおう。

|

« 東京オリンピック 最終プレゼン 全容 | トップページ | 東京オリンピック プレゼン お も て な し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京オリンピック 最終プレゼン 全容 | トップページ | 東京オリンピック プレゼン お も て な し »