« 時計屋の娘 | トップページ | ユーミン NEWアルバム POP CLASSICO »

2013年11月20日 (水)

モレスキンの2014年手帳をAmazonで注文したら

MOLESKINEを愛用してる。

しかし手帳はまだだった。

ポケットサイズではなくて通常のモレスキンのサイズで、ハードカバーの手帳を探していた。

Loftの売り場で、いくつも手にとってみたが、ピンとこなかった。

『ほぼ日手帳』の呪縛から、ボクは解き放たれていないのだ。

『ほぼ日手帳』から卒業しようと思ったのは、ノート部分がいつも足りなくなるので、思いついたことを沢山書ける手帳が欲しかったから。

『ほぼ日手帳』とモレスキンを両方携行するのは、少し不便だ。

Amazonで何気なくモレスキンを調べていたら、欧米仕様のモレスキンがあった。

しかも1400円台にディスカウントしている。

日本版であれば、3500円位する。

別に日本語や日本の暦にこだわらないので、ほいっと注文してしまった。

二三日で届いたAmazonの封筒は、なにやら重かった。

開けてみたら、確かにモレスキンのラージサイズだが、厚みがあった。

通常のモレスキンの約倍だ。

けれども値段は半額以下か。

中身をチェックした。

デイリーが、一頁。

手帳というより、これは日記だ。

どうしょう?

そのモレスキンから、こんな声が聞こえた。

(もっと、勉強しろよ。)

わかりました。

毎日一頁を埋める位、がんばれよ、というメッセージと受け止めた。


週末に、『ほぼ日手帳』のコーナーに佇むボクの映像が脳裏をよぎった。

後退せぬように。

前進するように。

何年も使いこんだ『ほぼ日手帳』の呪縛から、ボクは離脱しなくてはならない。

快適な世界から、沢山書く世界へ。


あるアイデアが浮かんだ。

モレスキンの2014年手帳をベースに、手作りの手帳をつくろう。

与えられた世界から、自分がつくる世界へ、ボクは行こうとしている。

|

« 時計屋の娘 | トップページ | ユーミン NEWアルバム POP CLASSICO »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 時計屋の娘 | トップページ | ユーミン NEWアルバム POP CLASSICO »