« 就職が決まる時 | トップページ | Words have the power to change the world. »

2013年11月27日 (水)

そして またしても 『ほぼ日手帳』を

買ってしまった。

お昼休みに、ステイショナリーを買いに、LoFtに寄った。

もう『ほぼ日手帳』は買わない、と決めてたのに、『ほぼ日手帳』のコーナーがあるのをみて、懐かしくて近づいてしまった。

手に取った。

カバーつきで、5000円か!

いい値段だ。

御祝儀価格だろうか。

カバーなしの手帳本体を手にした。

2000円か!

お値打ちかもしれない。

そして、そのままレジへ。

カード払いで、1999円だった。

こんなに簡単に禁を破ってしまうのだったら、年末はLoFtに近づかないようにしなくては。

2014年を『ほぼ日手帳』で始めるかどうかは、わからない。

けれど、長年親しんだ『ほぼ日手帳』があると心強い。

未知の世界へ向かう時、親しんだステイショナリーを携行するのも、ありだろう。

2014年の新しい手帳の在り方を、ボクは模索しよう。

『ほぼ日手帳』と「MOLESKINE」とEverNoteの組合せ、といった風に。

なんだか沢山の言い訳をしているようだ。

『ほぼ日手帳』は、それだけ魅力ある手帳なのです。

|

« 就職が決まる時 | トップページ | Words have the power to change the world. »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 就職が決まる時 | トップページ | Words have the power to change the world. »