« 2月に観たいもの アンディ・ウォーホル展 映画「RUSH」  | トップページ | 立春 粉雪の降る訳 »

2014年2月 3日 (月)

節分 福は内!

一日の仕事を終えて、家路をたどる。

そうだ、今日は節分だ。

家人が豆を用意してる。

帰宅しようとしたら、いきなりドアが開いて、鬼は外!と、豆が飛んできたら、結構ヤバイなあ。

帰宅する前には、電話しよう。

鬼ではない、よね?

だから、よろしくね。

うむ。

福は内!

奥が深い風習ではある。

福は、我が胸にあり。

我が胸に、幸福の在りかが、ありますように。

我が胸にシアワセがあってこそ、家族に幸せが訪れる。

シアワセ感が漂うオトナでありたい。

シアワセ感の漂うオトナは、きっとこのような人だ。

いい笑顔。

困難な局面でも、うろたえない。

人類の希望を信じてる。

オトナの快楽を、知っている。

息子たちに、人生にはこんな楽しみがあるんだぜ、と教えて、あげられる度量。

鬼の退路を、つくってあげられる優しさ。

そんなオトナを前にして、鬼はどうするだろう?

福は内!

人は、シアワセにこそなるべきだ。

|

« 2月に観たいもの アンディ・ウォーホル展 映画「RUSH」  | トップページ | 立春 粉雪の降る訳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2月に観たいもの アンディ・ウォーホル展 映画「RUSH」  | トップページ | 立春 粉雪の降る訳 »