« 心傷つく時に | トップページ | あと一日を つつがなく! »

2014年4月16日 (水)

自分の身は自分で守る

そんな言葉を耳にして、本当にそうだなあと思う。

自分の身をしっかり守ることが出来て、一家の主(あるじ)かもしれない。

組織を信じるもよし。

仲間を信じるもよし。

けれど、組織と個人の相克、愛と裏切りが、古来からドラマツルギーであったのは間違いない。

原点には、自分の身は自分で守ることが大切なのだ。

原始時代と、あまり変わらないということだ。

サバンナの猛獣は、ここにはいない。

けれどそれに相当するものは、いる。

食われてしまわないために。

きっと皆が考えていること。

自分の身をは自分で守ろう。

そんなことを考える晩は、きっと善き晩だ。

すくなとも今、まわりに猛獣はいない。

自分の身を守るために、聖域に入ろう。

ボクの聖域に。

久しぶりに。

|

« 心傷つく時に | トップページ | あと一日を つつがなく! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 心傷つく時に | トップページ | あと一日を つつがなく! »