« もっと、蕎麦を! | トップページ | 二番電車に乗って »

2014年6月 2日 (月)

六月の戦略

あっという間に、六月だ。

この仕事を始めて三年目に入った。

始めた頃の上司はほぼ全員かわった。

いつの間にか、自分が古株になっていくような気がする。

仕事に慣れていくとは、そんなことをいうのだろう。

けれど、この仕事に「慣れ」は禁物だ。

ボクは慣れてはいない、慣れようがない。

困難な仕事である。

しかし、向いていないとは思わなくなった。

プロフェッショナルとは、何か?

ひとつの答えはこうだー。

『自らの身体、あるいは心技体を、自分のコントロール下に置くこと』

この世界を変えることはできないが、この自分だけは変えることが出来る。

そんな言葉を励みにしてきた。

ボクの支えた人々が、職をえて、その先に思い出してくれる時があるかもしれない。

きっとボクは、人間を信じているのだろう。

その上で、自らに厳しくありたい。

自分を変えることに、少し計画性がないな。

この六月は、大きく変えなくてはならないことが二つ、ある。

六月の終わりに、よくやった、がんばった、

感動した!

そう自分に言えるように。

がんばらなくてはいけない六月。

2014年が、まもなく半分終わろうとしているのだから。

|

« もっと、蕎麦を! | トップページ | 二番電車に乗って »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もっと、蕎麦を! | トップページ | 二番電車に乗って »