« 結婚式のスピーチを考える | トップページ | 台風8号 ノグリーは »

2014年7月 7日 (月)

友人の結婚式で 祝辞を

結婚式で、若い新郎のリクエストに応えてスピーチをした。

「結婚の良いところや、コツを伝授してほしい」

それが新郎からのリクエストだった。

まず、カウンセリングの三つの概念を紹介した。

◾️夫婦円満のカウンセリング技法です。
①好意的関心。
24時間、365日、相手に対して好意的関心を抱くように心がけてください。
無関心は、いけません。

②傾聴。
相手の話を心を傾けて聴いてください。
自分の方ばかり話すのは、いけません。

③受容。
相手の気持ちや思いを受け止めてあげてください。
楽しい時も、苦しい時にも。

この、好意的関心、傾聴、受容は、カウンセリングの場で、もっとも重要な技法と概念です。

次に、この技法を駆使して、よき結婚のコツを、3つ紹介した。

◾️コツといっても、ちょっとしたコツ とか レシピ ではいけません。
原理原則、プリンシパル が大切です。
その①
新郎は、新婦の軍門に下りましょう。
覇権争いはいけません。
武力行使など、もっての他。
妻のいやがることはしない、
妻がダメ といったら ダメ。理由の如何を問わず。

その②
新婦は、新郎を餌付けしましょう。

その③
新郎は、新婦のために働くこと。
(誰のために働くか?-妻 でしょ!)

最後に、結婚とは何か?
その定義で締めくくった。

◾️結婚とは、新郎と新婦の王国(キングダム)をつくることだと思います。
ふたりが一生かけて取り組む事業です。

共有する大いなる価値観を育み、
異なる価値観を許容し合える、
心安らげる王国にしてください。

その王国の庭で、おふたりの二世が育まれますように。

末長くお幸せに。

おめでとう!

|

« 結婚式のスピーチを考える | トップページ | 台風8号 ノグリーは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 結婚式のスピーチを考える | トップページ | 台風8号 ノグリーは »