« 親友が わが街へ | トップページ | 愛車かどうか 判ること »

2015年6月13日 (土)

23歳になった君に 親子丼を

ヨコハマのSPA EASに次男坊と行った。

EASから次男坊の誕生日プレゼントとして入浴料無料の葉書が届いていた。

どうせなら、誕生日当日に行きましょう。

ゆっくり湯船につかり、それから食事処に向かった。

次男坊は親子丼が食べたかった。

メニューには、残念ながら親子丼はなかった。

思案して、マグロ丼にすることにした。

店員さんにオーダーする時に、ボクは訊いてみた。

「親子丼はないんですよね?」

次男坊が誕生日であることを話した。

意気に感じた店員さんは、昼間のメニューにはない親子丼をつくってくれると約束してくれた。

厨房から、その店員さんの声が聞えてきた。

「誕生日なのだから、親子丼をつくってあげてっ」。

うれしかった。

親子で誕生日にEASに来てくれたことが、その店員さんの心を動かしていたようだ。

親子丼を、わしわし食べた次男坊は、その後で博多ラーメンもオーダーしました。

いい思い出を、EASさん、本当にありがとう。

就活。

そして大学生最後の一年だ。

君の23歳が良き思い出に彩られますように。

|

« 親友が わが街へ | トップページ | 愛車かどうか 判ること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 親友が わが街へ | トップページ | 愛車かどうか 判ること »