« 映画「バケモノの子」 | トップページ | 明日に架ける橋 »

2015年8月11日 (火)

夏の終りに

まだ夏の終りを語るには早いかもしれない。

けれど早朝の大気の涼やかさや、夕暮れ時の不安定な大気、積乱雲などから、この夏の終りを感じる。

立秋 と、古来の人はよくいったものだ。

立秋の土曜日にひさしぶりの土曜勤務をこなしながら、夏の終りを感じた。

昨日は夏の光に照らされながら、滝のように降る驟雨を駅のホームで眺めた。

映画の世界のようだった。

黒澤明監督の名作「野良犬」で。
「羅生門」で。

そのようにして、この夏もいずれ終わる。

これからどんなに猛暑が振り返そうとも、この夏は終わる。

悔いのない夏を過ごせたか?

自問する。

ウィ。

おそらく たぶん。

修行僧のように過ごした夏だったなあ。

そんな夏があってもいいだろう。

そんなことを考えながら、ボクは家路に着いた。

|

« 映画「バケモノの子」 | トップページ | 明日に架ける橋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画「バケモノの子」 | トップページ | 明日に架ける橋 »