« 虎と馬と | トップページ | 仕事始め 2016 »

2015年12月31日 (木)

さよなら 2015年

暖冬と呼ばれる気候のせいか、28日まで働いていたからなのか、あっという間に大晦日になってしまった。

ふりかえれば様々な大晦日があった。

そう、人には様々な大晦日がある。

どうぞ幸多い新年でありますように。

そう願う。

自分の中でお正月気分になれない理由を考えてみた。

2015年の様々な事柄が年をまたいで2016年に持ち越された気がする。

ボクの私生活のことではない。

世界の、あるいは日本の、様々な事柄。

大河の流れのように。

それでは、ボクの私生活は?

おそらく静かな生活を目指している。

一年前のように、たたかってはいない。
ましてや、ここ数年のように波乱に富んでもいない。

穏やかな日々。

穏やかな日々に、ボクはまだ馴染んではいない。
けれど、これこそが本当に大切にしたい日々だと悟っている。

そのようなことを考えながら、この一年を振り返る。

我が家にとって、今年は礎(いしずえ)の年だった。

礎とは、これからの家族の基礎固めが終わったことを云う。

ボクも家内も新たな職場に適応し、今を生きている。

長男もまた今いる職場でキャリアを重ねている。

次男坊は就活で自らの新たなポジションを手に入れた。

そのような一年を終えるにあたって、ボクはある意味でホッとしている。

いい年を!

そう誰もが言った。

そう、その言葉通りに、いい年を、あなたも!

ボクもまた。

一歩一歩。

いい年にすべく、歩んでいきましょう。

|

« 虎と馬と | トップページ | 仕事始め 2016 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 虎と馬と | トップページ | 仕事始め 2016 »