« 3.11 弔意の黙祷 | トップページ | THE YAMAZAKI SINGLE MALT WHISKY »

2016年3月13日 (日)

フレッシャーズのスーツを

次男坊は4月から社会人だ。就活スーツはまだ使える。

しかし、やはりフレッシャーズには新しい戦闘服を用意してあげたい。
就活中の大学生とは一線を画すスーツ。
それでいて初々しくフレッシャーズと感じられるスーツを。
父親はパトロンでありたい。
というか、自分のスーツを選ぶよりも楽しい行為だ。
仕立ての良い高額のスーツは考えてNGにした。
会社の先輩、上司よりも仕立ての良いスーツを着せてはならない・・・そのようなことを馴染みの店員からサジェッションされる。
(ならば、薦めないでほしいものだ。)
シタタカな父親は、そのようなところをみる。
そうやって、けれど本当に安いスーツよりはいい値段のスーツを買ってしまった。
長男にも声をかけていた。
君もまた頑張っている。
君がフレッシャーズの頃、ボクは自分が仕事を探してて、余裕がなかった。
だから、その埋め合わせをしたかった。
長男にもスーツを。
ほとんどボクが払おう。少し自分で負担してもらおう。
そうやって選んだスーツは次男坊の手の届かないスーツだった。
五年目のビジネスマンが装えるスーツだ。
そのような買い物は、父親にとって楽しい買い物だ。
息子たちの成長を味わえる時。
自分がまだまだ稼げる実感が湧く時。
オトナの三人の男がやがて集う時が来るだろう。
まだまだ、がんばらねば。
お楽しみは、これからだ。

|

« 3.11 弔意の黙祷 | トップページ | THE YAMAZAKI SINGLE MALT WHISKY »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3.11 弔意の黙祷 | トップページ | THE YAMAZAKI SINGLE MALT WHISKY »