« 卒業 | トップページ | あなたの涙と私の涙 »

2016年4月 4日 (月)

東京工業大学の学長は英語で

コミュニケーション能力とは何か?

それを考えさせられるニュースだった。
スタンドプレイはすべきではない。
正しい日本語を使えるオトナになることが喫緊の課題である。
英語は論理的な言語体系だ。日本語は比較すればもっと情緒的で複雑でニュアンスがある。曖昧な表現が豊富にあることが日本文化を形成した、英語圏の人々とは異なる文化体系を紡ぐことになった。
英語を話し、どれだけの新入生に伝わったか?
TPOを考えたのか?
言葉のチカラは伝わったのか?
手元に日本語の訳が配られたという。
駄目です、そんなことでは。伝わらないと想定している・・・。残念だ。
そんなオトナにはならないように。
語るべき言葉が届かない可能性がある。そんなところで語ること。
それは精神的に貧しいということなのだ。
どうか学長には、これから英語で話してほしい。
一方、日本人として美しい日本語を語り合える大学生活を送ってほしい。
日本文化を大学が守らないでどうするのだ・・・そのように思ったのはボクだけではないはずだ。
文化の基盤は言語で形成される。
逆説的に、素晴らしい問題提起だ。
しかし情けない。
学長はスタンドプレイを世間に示した。
スタンドプレイはやるべきではない。
世界に雄飛するためには。

|

« 卒業 | トップページ | あなたの涙と私の涙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 卒業 | トップページ | あなたの涙と私の涙 »