« 肉フェスタ GW篇 | トップページ | 大井町 ぶらり二人旅 »

2016年5月 2日 (月)

月曜日に仕事して

「ボクは一日働いて三日休むことがむいているみたいだ」と十連休の息子に語ったら、「みんなそうでしょ」と返された。

GWに働いている人々が大勢いる。ボクが商業施設にあまり行きたくない理由は、そこで働いている人々に頭がさがるからだ。
大変なことです。どうかGWを乗り切ってゆっくりとお休みをとってください。
そんなことを思いながら今日一日を振り返る。
永年、GWを暦通りに過ごしてきた自分。
アイルトン・セナの命日は昨日だった。
ボクは息子たちと「肉フェス」をしながら、心のどこかでセナの命日を意識していた。けれど口には出さなかった。
生きるということは、そういうことだろう。
セナの面影を今でもボクは忘れない。
そうやって、五月をボクらは始めた。
明日?
どうするだろう。
何でもあり得る。
何もしない一日にもできる。
休みだ。
自由を味わおう。

|

« 肉フェスタ GW篇 | トップページ | 大井町 ぶらり二人旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 肉フェスタ GW篇 | トップページ | 大井町 ぶらり二人旅 »