« 100%の休日 | トップページ | 食のワンダーランド »

2017年6月18日 (日)

もしも七年間 自由に使えたら

次男坊の誕生を祝う食事会で家族みんなが寛いで会話している時に、「もしも七年間あっというまに過ごすことになったら」という話になった。

確か次男坊があるゲームで、その七年間を選ぶ事になったら修行まで用意されているということを教えてくれた。

ボクがもし自由に使える七年間を手に入れたら、どう過ごすだろうと考えた。

「君に七年間をあげよう。自由にその時間を使ってよろしい。但し一つだけ条件がある。七年間を終えたその時に、決して後悔しないこと」

そんな台詞を考えてみる。

今までしなかったこと。これから七年をかけてやること。

それはどんなことだろう。

三年、五年は、なんとなく掴める。

しかし七年となると、少し未知の時間感覚だ。
社会も世界も大きく変わる。

2017年の今から2024年へ。

2024年にボクはどこに立っているだろうか?

思考実験として大いに興味ある設問だ。

翻って7年前、ボクはどうしていたか?

2010年。

平成22年。寅年。

ボクはこのような所に立っていた・・・。


|

« 100%の休日 | トップページ | 食のワンダーランド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 100%の休日 | トップページ | 食のワンダーランド »