« 2018年7月 | トップページ | 2019年3月 »

2018年8月31日 (金)

過酷な八月 その終わり

本当に「過酷な八月」だった。まだ過去形では語れない。

台風・豪雨・猛暑。それらはまだ終わってはいないけれど、この八月は終わる。
猛暑対策として早朝通勤に切り替えた。水分補給は珈琲から麦茶に切り替えた。
そして週末には家の断捨離に取り組んだ。
体脂肪の「断捨離」にも取り組まなくては・・・。
九月になれば。
そう、八月の最終日には、九月になったらやりたいことを考えてみよう。     
「レイトサマー」を楽しむ。三連休が二つある九月だ。夏の名残りを楽しむ過ごし方を構想してみよう。

| | コメント (0)

2018年8月27日 (月)

猛暑日と断捨離と

今日までの三日間、猛暑日が続く。残暑が猛暑日なんて・・・天気予報士がそう云っていた。そんな週末。ボクは冷房の効いた部屋で断捨離をした。

この夏は猛暑だ。猛暑対策として早朝の通勤にシフトしたりして過ごしてきた。
息子との恒例の二泊三日の旅もまたクーラーの効いた部屋で映画を観たりして過ごした。日中の移動にはTAXIが役立った。愛車はホテルの駐車場に入れっぱなしにした。自分で炎天下で運転することは避けた。今までの教訓がそこに活きている。
そして「断捨離」。少しづつ週末に断捨離していった。
息子たちが自立していくにつれ、生活の形が変わっていく。部屋も住まいも見直すべき時がやってきた。そんな中、「断捨離」を毎週末2〜3時間かけてやろうと決めた。
八月の四週間、週末の四回(約12時間)かけ、自室がかなりすっきりしてきた。
それを九月も続けていこう。
今日を過ぎれば、この夏は終わると言いたい処だ。
そう言えるといいのだが。
まずは今日一日を乗り切ろう。

| | コメント (0)

2018年8月 9日 (木)

台風13号に備えて

8月8日(水)の晩、ビジネスホテルを予約した。幸いボクの仕事するエリアは台風のコースが東にずれたこともあって、暴風雨からは免れた。

8月9日(木)の朝には銚子沖を台風13号はゆっくり北上していた。TVで台風情報を確認し、今回の退避行動は杞憂だったことを確認した。しかし少なくとも住まいや活動エリアに被害が出なかったことにホッとした。
ホテルを予約したのは7日(火)の朝だった。オフィスの傍にあるターミナル駅にあるホテルがsold outしていたのを知った時だ。
暴風雨でも駅から近くであること、路線が不通になりにくいエリアであること等を条件にビジネスホテルを絞っていって、手頃な値段のホテルが一つ見つかり予約した。
昨晩初めて泊まるそのホテルのフロントの対応も良く、部屋の広さ、浴槽の大きさ等、お値段以上でいい避難場所を見つけたことを喜んだ。
近くにスーパーマーケットがあり、そこで食材を買った。近所のコンビニでは飲料を手配できた。
今回の退避行動は、予行演習になるだろう。
そのようなことを考えながら、オフィスに向かう朝だ。

| | コメント (0)

2018年8月 1日 (水)

8月が始まる

危険な暑さが続く。今日もボクの働く街では36℃までいくらしい。8月を健康に乗り切ることが何よりも大切なことだと昨晩家族で話し合った。

7月を振り返る。猛暑日の連続と台風12号。極めて厳しい夏の始まりだった。
ボクは朝早く家を出発するようにした。6時頃は路面にまだ影が残っている。その影を通って駅に向かった。学生も夏休みに入り、早朝の通勤電車も上手に乗る車両を選べば混まずに移動できることを学んだ。涼しい車両の中で、運がよければ座れて仕事場のあるターミナル駅に着く。今朝7時にそうやって駅に着いた。
冷房の効いたカフェで寛いで新聞を読み、考え事をする。時にはこのようにブログに備忘録を記す。そのような過ごし方は、きっと体力をあまり奪われない過ごし方だ。
コーヒーを減らし、オフィスの冷蔵庫には麦茶の2リットルボトルを冷やす。それもささやかな工夫の一つだ。きっとまだまだ工夫の余地はある。そのような工夫をこの8月にしていこう。
8月を考えていて、同時に9月、10月まで考えが広がっていく。この三ヶ月でやらなければならないことがある。そのような考え方だ。8月だけを考えていたら、これからの三ヶ月で取り組むべき事柄に思いつかない。しかし三ヶ月の初月の8月という位置付けで考えれば、8月に何をし、9月に何をし、10月までにどこまで行けばいいかが見えてくる気がする。
そのような考え方に基づいて考えた。8月はいずれにせよ体力・気力の温存、酷暑を知力で上手にかわしながら過ごしていくことに尽きる。
週末はメンテナンスdayを上手に組み合わせよう。
そして楽しみである夏のささやかな旅も楽しもう。
8月が始まる。上手に乗り切りましょう。

| | コメント (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2019年3月 »