« ブログ記念日 2006年5月10日(水)から十三年 | トップページ | おめでとうございます 2020年 »

2019年8月 9日 (金)

支援のチカラ

キャリアコンサルタントとして仕事をして七年が経過し、面談数も一万回を超えた今。今まで見えなかった光景をみることができるようになった。今ボクは山麓にいるのではない。登山道を登りはじめて額(ひたい)の汗を拭って小休止する。見渡せる光景が目の前に広がる。その光景に心奪われる時。山腹の登山道にボクはいる。昨日のことだ。自分自身にとって極めて辛い体験を午前中にした日。午後からいつもの業務についた。今日来るクライエントがいる。35度を超える気温。あるいは来ないかもしれない。ボクはどちらだろうか考えていた。淡々と仕事しているとそのクライエントが来た知らせを受けた。来たのか。来てくれた訳だ。およそ人生において困難な道を歩いているクライエント。まだ若く経験は乏しい。しかしもうすでにボクは何をすべきか潜在意識の中でわかっていた。一言で言えば、前に向かって一歩一歩進めるよう支援すること。言葉に託せば「ささやかな希望」の大切さ。日常の戦場で戦えるチカラ。いつもよりゆったり時間をとって話を聴き話をした。そのセッションを終える間際にボクの口から思わぬ言葉が出た。「ボクも今日辛いことがあったけれど、君を支援することでパワーを貰えたよ」。その時クライエントの瞳が輝くのをみた。人が一番癒されるのは、自分以外の人のためにチカラを尽くすことなのだ。自分自身を忘れ取り組むこと。大人はみんな辛いことを抱えながら涼しい顔をして生きている。そんな人間をオトナと呼ぶかもしれない。別れ際そのクライエントは呟いた。「プロ・・・ですね」。クライエントがボクを支援するチカラ。ありがとう。人生でかなり辛い一日が一瞬にして静謐な一日に変わった瞬間。

|

« ブログ記念日 2006年5月10日(水)から十三年 | トップページ | おめでとうございます 2020年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブログ記念日 2006年5月10日(水)から十三年 | トップページ | おめでとうございます 2020年 »