« 2021年1月 | トップページ

2021年2月 6日 (土)

天使について

天使について語ります。

 

週末クルマでファミレスに行った。その時駐車場で少女が倒れたママチャリとママチャリとの間に挟まれてもがいているのが見えた。クルマを止めて少女の傍に行った。小学生の低学年だろうか、ほっぺを赤く染めて倒れたママチャリを起こそうとしているが絡まって上手くいかない。「君の自転車なの?」。少女は頭をふった。風で倒れていたから。強風でなぎ倒されていたママチャリを、自分の自転車でもないのに、起こしてあげようとして、奮闘している少女が、この日本にはいる。いや、きっと世界中にいるのだろう。自分の欲得とは関係ないところで、何とかしようと頑張っている天使たちよ。「君は、いい子だねぇ」「おじさんがチカラを貸そう」。一緒に沢山のなぎ倒されたママチャリを元に戻していった。一緒に、と書いたけれど、ほとんどが大人のボクのチカラだ。大人にはやすやすとできることだ。けれど、天使がそこにいなければ、ボクは倒れたママチャリを放置していたにちがいない。

天使降臨。

君のおかげで、この世界はまだ希望に満ちてあることを知る。邪悪なものに打ち勝つには、清らかな魂に自らを洗う必要があるのだろう。損得や自分の立場の正統性を主張する人々は、強風でなぎ倒された自転車置場で奮闘している少女、いいえ、天使に膝まづいて教えを乞うがいい。世界は見ている。これを記さなければ、ボクしか知らなかったこと。しかし、ボクを大きく動かしたこと。少女にこう告げた。「君は、本当に いい子だね」。

天使が、戸惑うようにして、はにかんだ。

2015年の2月3日。それは火曜日だった。この文章をSNSに書いた日。

今思えば、自分にとってかなり大変な時期だった。

そんな時に、ボクはその一人の少女に精神的に励まされたのだった。

このようなことを忘れないために。

世界には、このようなたくさんの天使が今の苦しい世界を生きている。

この世界が、いまだ希望に満ちてあると、今のボクもまた信じる。

いや、信じるために、ボクは今夜この記事をここに記しているのだろう。

倒れた自転車を、誰もみていなくても直していく人に、ボクもなろう。

 

 

| | コメント (1)

« 2021年1月 | トップページ